脱毛器 選び方

脱毛器を選ぶときのチェックポイント

エステや脱毛サロンでは脱毛するのに、何度も通わなければならないし、いちいち予約をとらなければならないので面倒です。家庭用脱毛機なら、1台買えば好きなときに脱毛ができて簡単だし、いつまでも使えるので安あがり。そう思っている方は多いのでは?
それはそうなのですが、家庭用脱毛機を使って脱毛する場合は、当然のことながらすべて自己責任。万が一、自分に合わない脱毛器だったとしても文句は言えませんし、使いづらいものだと、使い方を間違えて、かえって肌にダメージを与えてしまうことも。
家庭用脱毛機を購入する場合は慎重に選ぶ必要があります。では、どんな点に注意したらいいのでしょう?

まず使用できる部位の確認です。家庭用脱毛器はすべての部位に対応できるわけではありません。脱毛機の形状や安全基準などの理由から、使用できない部位もあります。たいていは仕様書や説明書に記載されているので、自分が脱毛したい部位に使用できるか確認してから購入するようにしましょう。

また、照射範囲の広さも重要です。腕や足など、比較的広範囲に使用する場合は照射範囲が広い機種が向いています。照射範囲が狭い機種で広範囲を脱毛しようとすると、脱毛機を長時間にわたって使用しなければならなくなります。たいていの脱毛機は熱をもつため、長時間使用していると熱くなってしまい、持てなくなってしまうことも。また、何度も照射しなければならないために、肌への負担も大きくなってしまいます。照射範囲が広いと広範囲でも短時間で処理できるので、負担は少なくて済みます。
逆に細かい部位や凹凸が多い部位を脱毛する場合は、照射範囲が広いものでは小回りがきかず、使用に無理があります。こうした場合は、照射範囲が狭く、軽量で使いやすいものの方が有利です。

つぎにチェックするのはランニングコスト。脱毛器は使用していると購入しなければならなくなる消耗品があります。とくに光源となるカートリッジは安いものではありません。購入前にカートリッジの値段はいくらか、ひとつのカートリッジで何回くらい照射できるかを必ず確認するようにしましょう。これも仕様書や説明書に記載されています。

さらにレーザー脱毛機や光脱毛器は色素に反応して脱毛するため、季節による肌の色の変化や毛の太さや濃さによって出力レベルを変える必要があります。サロンやクリニックでは事前にチェックして出力レベルを調整してくれますが、家庭用脱毛機の場合は自分で調整しなければなりません。脱毛機の出力レベルを調整できる機種か、調整の仕方は簡単かどうかをチェックしましょう。

そのほか、意外と大きな音がする機種もありますし、痛みの強い機種もありますが、これらは説明書などを読んでも分かりません。購入前にネットで口コミなどをチェックし、確かめてから購入することをお奨めします。