脱毛器 種類

脱毛器の種類について

脱毛器の種類・・・シェーバー脱毛器

脱毛器にはさまざまなタイプがあります。
エステサロンで使用されるような高機能の脱毛器もあれば、医療機関で使用される脱毛器もありますし、家庭で気軽にできる脱毛器もあります。

家庭用の脱毛器は、抜くタイプのものとそるタイプのもの、最近では、電気脱毛器やレーザー脱毛器などが登場しています。
今は自宅でも結構高機能なタイプを使用できるようになったのですよね。

まず、家庭用脱毛器の剃るタイプのもの、シェーバーと呼ばれる脱毛器についてです。
足や腕専用、フェイス専用、ワキ専用、ボディ専用など、かなり多岐にわたる脱毛器があり、それぞれが専用器という感じです。
これだけ細分化されてしまうと、購入が大変になりますが、気になる部分のものを購入していけばいいと思います。

あくまでも表面にある毛を剃る、というのがシェーバーの脱毛器ですから、毎日処理を行わなければなりません。
脱毛器といっても、シェーバーですから、剃刀に肌が負けてしまって、皮膚のトラブルになる方もいます。
肌が弱いという方には、お勧め出来ないタイプといっていいかもしれませんね。

ただ、最近は非常にソフトなものも販売されていますから、そういったものなら大丈夫かもしれないですね。

脱毛器の種類・・・家庭用電動脱毛器

家庭用の電動脱毛器は、シェーバーと違い、抜くタイプの脱毛器になります。
昔は、1本1本引っ張って抜く、という感じで、時間も結構かかったのですが、最近のものは、根っこから広範囲に、しかも短時間で抜いてくれるので、非常にスピーディになりました。
ただし、「結構痛い」という意見も多いです。

抜く、というタイプのもので、素早く瞬時に抜いてくれるので、シェーバーでやるよりもずっときれいに仕上がりますし、毛抜きなどで抜くよりも抜くスピードが速いので、臭いやぶつぶつなどが残らないという魅力があります。

ただ、やはり無理に毛を抜くという作業ですから、肌の弱い方は、赤くなってしまう方もいますし、抜いた毛穴から黴菌が入り、化膿してしまうということもあるようです。
家庭用の電動脱毛器なら抜群にきれいになる、という方もいますし、家庭用電動脱毛器を使用したら、ワキの毛穴が膿んでいたかったという方もいます。
人それぞれ、あうものあわないものがある、というのが、現実のようです。

人の肌はその人によっていろいろですから、それも仕方ないことなのかもしれないですね。


脱毛器の種類・・・家庭用レーザー脱毛

最近の脱毛器は本当に進化していて、家庭用のものでも、レーザー脱毛器が登場しているのです。
エステや美容クリニックなどで使用する、専門的な脱毛器が、家庭で使用できるということで、かなり人気になりました。

エステなどに行って、脱毛を行うよりも安価で出来るし、何よりも、シェーバーや電動脱毛器よりもずっと仕上がりが美しいということで、注目の的になったようです。

しかし大きなデメリット。
電動脱毛器とは違い、エステのように、「1本1本」処理するために、時間も労力も半端なくかかる、ということです。
レーザー脱毛ですから、脱毛部位の出力の調整をうまくやらないと、やけどや炎症を起こす危険性もある、ということなのです。

ただ、うまく使用してきれいな肌になっている方もいます。
もし自分に合わないという感じを受けたら、使用をすぐにやめる、取扱説明書をしっかり読んで、メンテナンスを怠らないようにする、ということを常に頭に置いておきましょう。
レーザーという特別な処理を行うのが、レーザー脱毛器ですから、家庭用とはいえ、トラブルがないということは言えないのです。