ワキ 脱毛法

ワキ

ワキの脱毛は一般的ですが、見えづらいうえにワキの毛は生えている方向が一定ではなく、毛質も太くて濃いので、じつは脱毛しづらい部分です。

○毛抜き
毛の量が少ない方には簡単に処理できる方法ですが、肌へのダメージが大きい脱毛法なので、毛量の多い方にはお薦めできません。皮膚までつまんでしまわないように要注意です。

○カミソリ
ワキ剃り専用のものをお薦めします。脱毛前に温めて低刺激のクリームやジェル、石鹸などを使用し、アフターケアもしっかりしておかないと黒ズミの原因になってしまいます。また、見えないので剃り残しが気になる方もいると思いますが、何度もカミソリを当てるのは厳禁です。

○電気シェーバー
ワキに対応している機種で、ヘッドが動くものをお薦めします。あらかじめハサミで短くカットしてから使用すると効果的です。お風呂で使用できる、コードレスで防水仕様のものがお薦めです。また脱毛前にクリームやジェル、石鹸などを使用した方が良いので、泡脱毛ができるものを選び、強く押しつけないようにしましょう。カミソリ同様、アフターケアが重要です。

○家庭用脱毛器
ワキに対応している機種なら、取扱説明書にしたがって使用していれば問題ありませんが、見づらいので同じ場所を何度も照射しないように注意してください。処理後は必ず保冷剤などでクールダウンしましょう。

○脱毛テープ・ワックス
痛みに強い方なら使いやすいアイテムですが、キレイに脱毛するためにはアフターケアが大事。怠ると肌があれたり黒ズミの原因にもなります。

○除毛クリーム
痛みが無く、細かい部分にも使用できるアイテムですが、基本的には薬剤なので、肌に合わないと思ったら、すぐに使用を中止しましょう。天然成分由来の製品をお薦めします。また、使用する前にパッチテストをして肌質との相性を確かめておくことも忘れずに。除毛なので長期間はもちません。