むだ毛 自己処理

むだ毛の自己処理について

無駄毛を自己処理している、という方は結構多いと思います。
その方法は、剃刀や電気シェーバー、また毛抜きで抜く、脱毛、徐毛クリーム、ワックスやシートというものです。
自己処理には問題がないのでしょうか?

まず、剃刀や電気シェーバーですが、鋭利な刃物を使用していることに違いないので、剃刀負け、炎症、色素沈着の原因になります。
傷から細菌が入れば、炎症もひどくなってしまいます。

毛抜きで抜くという方法も、結構行っている方が多いようですが、1本1本抜く、という作業は非常に骨が折れる作業ですし、毛穴が強引に開かれ毛が抜けていきますから、皮膚組織が痛む原因となります。
また、毛穴方向に負担がかかるような抜き方の場合、そこに雑菌が入り炎症を起こすということもいあります。
それに何よりも、痛い!!のが難点です。

脱毛クリームや徐毛クリームは、化学作用によって脱毛を行うというものです。
痛みもなく剃刀のように皮膚を傷つけることもない、という方法ですが、毛根は残っていますから、もちろん繰り返し脱毛を行うことになります。
毛根組織までしっかり脱毛しようとクリームをつけ、きれいになるまで行えば、皮膚への負担が大きく、かぶれてしまうこともあります。
テープやワックスなどの場合、無理やり引きはがすという方法はので、激痛!ですし、皮膚への負担も大きなものとなります。

このように、自己処理というのもかなり問題のある脱毛方法になるのですよね。