カミソリ 自己処理

カミソリで自己処理をやってはいけない理由

カミソリでの脱毛は気軽に自己処理できて、時間もかかりません。気をつけていれば痛くないし、たいていの方は一度はカミソリを使って除毛をしたことがあるのでは?
難点はカミソリ負けして肌がヒリヒリすることがあること。シェービングフォームや脱毛用のジェルなどを使って滑りをよくしても、負けるものは負ける。
でも、このカミソリ脱毛の怖さは、ただカミソリ負けだけではありません。もっと怖いものなのです。

カミソリは実際は除毛しているだけで抜いているわけではありません。当たり前ですね。だからすぐにまた伸びてきてしまいます。だから何度もカミソリを肌に当てることになります。そのうち、ちょっと手を滑らせて、ワッ!とんでもないところを切ってしまった!なんてことも。
簡単に見えても刃物を肌に当ててることを忘れちゃいけません。ましてや目で確認しずらい、あんな場所やこんな場所に刃物を当てるのですから、危険じゃないわけないのです。

それだけではありません。一見すると上手に剃っているように見えても、カミソリは刃が脆く、毎回刃を替えていないと、皮膚に外見ではわからない細かい傷をつけてしまいます。それが皮膚の角質層まで削り取ってしまっています。その結果、潤いを閉じ込めておけずに乾燥肌になったりします。また毛の組織が肌を守ろうと、より太い毛が生えてくることもあります。

さらに黒ずみも起こりやすくなります。黒ずみの原因はメラニン色素の沈着によって起こります。本来皮膚には新しいものに生まれ変わろうとするターンオーバーという再生機能があります。しかしカミソリなどの連続した刺激で、皮膚が崩壊して再生できなくなると黒ずみが起こります。

カミソリは手軽で安上がり。でも、いくら毛が処理できても、黒ずみがひどくなっては取り返しがつきません。カミソリは控えましょうね。