脱毛が体に与える影響は?

脱毛が体に与える影響は?

家庭用の脱毛器でも、レーザーなどが登場していますよね。
このレーザーまたエステなどで行う光脱毛というのは、黒いものに反応する性質を使って処理を行うものです。
毛根になる色素、(黒)だけに反応するから脱毛ができるということです。

黒の色素をもつ部分にレーザー光が熱にかわり、毛根にダメージを与えます。
ダメージを与えるためには、ある程度の強さが必要になるので、結果、皮膚にも少なからず影響があるのです。

そこで、レーザー脱毛器のところでも説明しましたが、やけどをしてしまうことがる、ということになります。
黒い色に反応するレーザーや光脱毛ですから、すごく日焼けをしていて肌の色が黒いとか、ほくろ、シミなどに反応して照射してしまえば、やけどという状態になってしまうのですね。
またレーザーの出力が強いという場合も、やけどになることがあります。

脱毛によって、やけどを負ってしまったら、すぐに医師に見せましょう。
最近の脱毛器は、その技術も進歩して、性能が格段に上がりましたから、こういったトラブルも少なくなったようですが、こういうこともある、ということは知っておきましょうね。