毛の仕組みと毛周期について

毛の仕組みと毛周期について

体毛のうち、目に見えているものは3分の1もないのだといいます。いま見えている毛の倍以上の毛が皮膚の下にワサワサあるのかと思うと妙な気分ですが、とにかくそうなのだそうです。
では、この皮膚の下にいるコたちは何をしているのかというと、次の毛になるためにお休みしているのだとか。

毛は、成長→退行→休止→成長......を繰り返しているのだそうです。これが発毛周期とか発毛サイクルと呼ばれるもので、つまり毛は常に生えかわっているわけです。この発毛周期はひとによっても部位によっても、もっと言うと毛の1本1本によっても違っているのだとか。
たとえば女性の髪の毛の周期は数年なのだそうですが、ワキ毛やアンダーヘアは2?3ヶ月の周期で生え変わっているのだそうです。なるほど、元気がいいわけですね。

ムダ毛だろうが、そうじゃなかろうが、毛はどの部分でも、じつは成長している毛と退行している毛と、見えない休んでいる毛があるということです。

見えている毛の表皮の下にある部分が毛根で、その先に毛母細胞があって、毛はこの毛母細胞から伸びてきます。永久脱毛とは、この毛母細胞を除去、あるいは破壊する作業です。脱毛方法にはさまざまな種類がありますが、どの方法であれ、毛母細胞を取り除いたり破壊できるのは見えている成長期の毛だけです。
つまり、いま見えている毛をすべて脱毛できたとしても、しばらくすると休んでいる毛がまた伸びてくるわけで、クリニックであれ脱毛サロンであれ、きれいに脱毛するためには間を置いて何度も通わなければならないのは、このためです。

人によっては休んでいる毛が多い方、あるいは部位によっては休んでいる毛が多い部位もあるのだそうで、そうなると余計に通わなければ、きれいに脱毛することはできません。脱毛には根気がいるのです。
自宅で処理している場合も事情は同じ。全然効果ないじゃん!と怒る前に、発毛周期のことを考えてみましょう。