ソイエ

ソイエシリーズ

角質除去器と脱毛器として知られるソイエ。コンパクトで持ちやすく手軽に使える点が人気の秘密。いくつかの機種が販売されていて、なかには形も大きさも似てるものがあれますが、機種が違えば機能も違ってくるので注意しましょうね。

ソイエのES-WE20とES2502PPは角質除去の専用器。いわゆる電動ヤスリで、硬くなったカカトの角質やヒールダコをこれでケアして、ツルツルにしてやるわけです。水洗いもできるのでお手入れもラクですが、なにしろヤスリなので、やりすぎると赤くなってしまいます。足の肌にトラブルのある方はとくに要注意。
ES-WE20はヤスリ面がワイドなのでカカトなどの比較的範囲の広い場所を効率的に、ES2502PPは先端が細いので足の指先などの角質ケアに向いてます。

ES-WS31とES-WS11はソイエの脱毛器。角質除去はできません。ソイエの脱毛は毛をつまんで引っこ抜く毛抜き方式。「やわ肌ガード」というのが付いているので、見づらいワキなどを処理するときでも、間違って地肌までつまんでしまい、激痛に苦しめられるということがありません。
とはいえ毛を引っこ抜くのですから、感じ方は人それぞれでしょうが、それなりに痛みがあります。痛みに弱い方にはお薦めできないかも。それに時間が経てば消えますが、使用した直後には赤いプツプツができます。肌が弱い方も要注意ですね。
また、防水ではないのでお風呂での使用は不可。お手入れもちょっと面倒かも。ES-WS11はアシ・ウデ専用ですが、ES-WS31にはワキ・ビキニライン用の交換ヘッドが付属しているので、買うならこっちの方がお薦めです。

ソイエのES-WD93にはアシ・ウデ脱毛用、ワキ・ビキニライン脱毛用、角質除去用、シェーバーと、交換ヘッドがいっぱい付属していて、これ1台で脱毛も角質除去もできるスグレモノ。
一番の違いは泡脱毛ができるようになったのと、充電式のコードレスになったこと。コードレスなので、ずっと使いやすくなっています。水洗いもできるようになったので、お風呂でも使えるし、お手入れもラクチンです。
お風呂で泡脱毛すると、毛抜き脱毛の痛みもだいぶ軽減されるので、肌の弱い方にもお薦めできるかも。でも、まだ使った直後に赤いプツプツができるので、心配な方は要検討。これは毛抜き脱毛の宿命かも。
それと、一度の充電でバッテリーがもつのは40分程度と短め。レーザー脱毛や光脱毛と違って、毛抜きタイプは脱毛に時間がかかるので、脚も腕もワキもビキニラインもカカトもと、一度に欲張るには無理があります。きょうはここ、あしたはあそこと、ちょっとずつ脱毛しましょうね。