子供 脱毛

子供の脱毛ってどうなの?

毛が濃いことで悩む子は意外と多いものです。そのことで友だちにいじめられてしまうことも。そうなるとおかあさんたちも、子どものことだからと見過ごしているわけにもいきません。いっそサロンで脱毛を......サロンによっては親が同伴していれば子どもの脱毛を行ってくれるところもあります。しかしちょっと待ってください。子どもの場合は脱毛サロンが必ずしもベストチョイスだとはかぎらないのです。

ムダ毛は成長期に入ると薄くなったり一時的に濃くなったりと変化していきます。これは新陳代謝が活発になってホルモンバランスが安定しないために起こる現象です。このため脱毛を受けても新しい毛根ができてしまうことがあるのです。
さらに、一般的に思春期になると体毛は薄くなる傾向があります。子どものころに毛深くても、成人すると薄くなる人も少なくありません。

子どもの脱毛がお奨めできない理由は、ほかにもあります。子どもの肌はデリケートなので、大人ならば問題のない脱毛法でも、火傷をしてしまうこともあるのです。また、大人でさえ脱毛後は地肌が露出するのでケアが重要となります。ましてや子どもの肌です。こまめに、丁寧にケアしてやらなければなりません。

もうひとつ大切なこと。あまりおかあさんが毛深いことを気にすると、かえって子どもを不安にさせ、コンプレックスをつのらせてしまうこともあります。不用意に子どもを不安にさせないように注意することも重要です。

どうしても気になるようなら、子どもの肌にもやさしい天然成分のローションなどを使用して処理してあげましょう。シェービングのときも子どものムダ毛処理は毛が柔らかいので、くれぐれも慎重に行ってください。処理した後は化粧水や乳液でケアすることを忘れずに。