更年期 脱毛

更年期の脱毛ってどうなの?

女性は更年期を迎えると心身ともにさまざまな変化が起こります。これはホルモンバランスが崩れることによって起こること。

ホルモンは体内でつくられる物質で、血液で体じゅうに運ばれ、さまざまな臓器の働きを調節したりコントロールしたりする大切な物質です。このホルモンの分泌をコントロールしているのが脳にある視床下部という場所です。
女性ホルモンとしてよく知られているものに、卵巣でつくられるエストロゲンがありますが、更年期になると、このエストロゲンの分泌量が減ってしまい、体はコントロールを失って混乱します。それを調整しようとして視床下部の働きが活発になり、その結果、自律神経系のコンロトールがうまくいかなくなってしまいます。
こうして更年期障害と呼ばれる一連の不調が引き起こされていきます。

更年期特有のイライラや動悸、不眠症などはこうして起こるのですが、体毛にも変化が起こることがあります。女性ホルモンのエストロゲンは減少しても、男性ホルモンの分泌量は変わらないために、体毛が濃くなってしまう方がいるのです。
最近は年を重ねても活発に外に出る女性が増えていて、更年期といわれる40?50歳代の女性もまだまだ元気です。そうなると、急に毛深くなるというのは気になりますね。

若いころと同じように自己処理で、と思っている方、ちょっと待って。肌だって年齢を重ねているので、若いころと同じというわけにはいきません。肌細胞は加齢で保湿力を失い、乾燥しやすくなっています。不用意にカミソリなどで脱毛すると、肌荒れを起こしてしまうことがあるのです。アフターケアも若いころ以上に重要です。
加齢によってデリケートになっている肌の状態は人それぞれ。乾燥の度合いも違います。ここはやはり専門の脱毛サロンに相談してみることをお奨めします。また肌の問題でもあるので、エステサロンに相談してもいいでしょう。

「若い」と「若々しい」とは別。スキンケアと同じように、脱毛方法も違っていることを忘れずに。