妊娠 脱毛

妊娠中の脱毛ってどうなの?

妊娠すると産毛が濃くなることがあります。とくに乳首やお腹は産毛が濃くなりやすい場所です。産婦人科の検診などで、お腹を見せなければならないことも多いので、できればきれいに脱毛したいですね。
ところが妊娠中だとクリニックや脱毛サロンに施術を断られてしまいます。痛みの強い電気脱毛や、敏感なデリケートゾーンの脱毛だけではなく、一般的な部位もだめ。胎児に影響がないといわれるレーザーや光脱毛でも断られます。なぜでしょう?

妊娠中はホルモンのバランスが崩れて、母体にさまざまな変化が起こります。個人差が大きいので一概には言えませんが、それまでは何ともなかった施術でも赤く腫れてしまったり、炎症を起こしてしまったり、また、脱毛後のケアに使用した化粧品で肌荒れや皮膚がかぶれてしまうこともあります。
脱毛サロンでは、これらのトラプルに対処することができません。また、妊娠中は発毛サイクルも崩れて、体毛が場所によって急に濃くなったり薄くなったりするため、脱毛の効果も分かりにくくなってしまうのです。

コースでサロンと契約されている方も、妊娠中は一時中断し、出産してから再開するようにしましょう。妊娠中に濃くなった産毛は、大半は出産後に自然に薄くなるので心配はいりません。
どうしても気になる方は自分で処理するようにしましょう。ただし、カミソリや毛抜きは肌が敏感になっていて痛みがひどかったり、肌荒れや炎症を起こしやすいので使用するのは控え、電気シェーバーでやさしくなでる程度の処理でとどめてください。

また、脱毛サロンと長期のコースを契約する場合は、あらかじめ妊娠による中断や延長が可能かどうかを確認しておくことをお奨めします。