男には分からない、何かが隠されているのかも知れない

男には分からない、何かが隠されているのかも知れない

性別:男性、年代:30代後半-40代前半
 最近の出来事では無いのですが、彼女の家で、「ソイエ」という、電池式の脱毛器を発見しました。電気シェーバーで髭を剃るような、感覚で、あごの周辺に当ててみたところ、時々、ちくっと痛みがあるのですが、全然、剃れている気分がしなかったので、腕で試してみたところ、「ぎゃー。」と、叫び声を上げるほどの痛みが走りました。突然の事でパニックになり、余計に痛みを感じたのだと思いますが、かなり、痛かったです。

 何事かと、驚く彼女に、「ソイエ」を見せて、事情を話したところ、ものすごく馬鹿にされました。「ちくっ。」とするだけで、痛いという程でもないと言う彼女に、激痛が走ったと言う事を伝えると、実験開始となりました。

 まずは、彼女からです。腕でも足でも、痛みを感じている様子はありません。よく見ると、鉄製の円盤が中でぐるぐると、回っています。この、円盤が毛を掴み、引き抜くのだと思いました。すでに、何度も経験しているであろう彼女には痛みを感じないのか、産毛が無いのだと思われました。

 では、と言う事に成りましたが、先ほどの痛みがあり、怖くて腕に当てる勇気がありません。男性の中では、毛は薄い方で、腕などでは、もじゃもじゃが、全く有りません。または、それに近いです。怖くて押し当てられない私に代わって、彼女が、押し当てました。先ほどの痛みよりは、かなりましです。どうやら、タオルで擦る様な感じで動かしたため、挟み込んだ毛を自力で引き抜いて居たようです。ゆっくりと、彼女は動かしていました。これなら、耐えられると思いました。しかし、痛みが蓄積されるようで、我慢すれば、最後には、「ぎゃー。」と成ります。

 勝手に彼女の物を使った罰として、足のスネの部分に行うと言われて、しぶしぶ、足を出しました。一応、男性らしい毛が生えそろっていますが、平均よりは薄い方だと思います。「がちゃ、がちゃ。」と、音を立てて、襲ってきますが、痛みはありません。どうやら、足のスネの部分には、「ソイエ」の限界を超えているようで、上手く、掴み取れないと言う事が分かりました。にやりと、勝ち誇った私の両腕の肘から先の部分は、見事に、脱毛されました。

 特に、すべすべに成ったような気はしません。しかし、彼女いわく、「綺麗になった。」らしいです。肌触りもよく成ったと言います。

 男性の脱毛が流行っている理由として、見た目の印象以外に、女性が触ったときの感覚が含まれているのではと感じます。