ケノンの美顔器機能でシミを消してやるのだ!

ケノンの美顔器機能でシミを消してやるのだ!

ケノンの美顔器機能を使ってみましたー♪ヾ(*´∀`*)ノ゙♪

私の個人的意見ですが、ケノンはこの美顔器機能が付いていることが最大のメリットですよねっ!

 

 

原理はよくわからないんですが、キセノンフラッシュエステっちゅーことらしいです。

エステサロンで行われている光美顔と同じ原理なんだって。

調べた限りでは、ターンオーバーを促して、お肌の色素沈着-いわゆるシミ?-を表面へ浮かび上がらせやすくするんだと思います。

キセノンライトにその効果があるのは実証済みなんだって。

で、どんどん表面に上がってきたメラニン(シミのモトだね!)は、最終アカとして排出されるってわけです。

通常は勝手にこのサイクルが行われているはずなんだけど、メラニンの過剰な生成でうまくターンオーバーしてくれなくなったから頑固なシミが発生しちゃうんですよね。。

 

でも、このケノンの光エステを2週間に一回程度の割合で行えば、頑固なシミ君も浮かび上がってこざるを得なくなるだろう!

うっはっはっは。

頑張るぞー!!

 

 

さて、準備するのはこちら。

ケノンのスキンケア.jpg

本体に付属で付いてきたスキンケア用カートリッジも忘れずに!

今回は照射面積が小さいので、これまた付いてきた保冷剤でチマチマ冷やしながらお肌を美しくしていきますっ♪

 

 

脱毛のカートリッジは白だけど、スキンケア用は本体の色と一緒なんだね。

ケノンスキンケアカートリッジ.jpg

私はオレンジ色のケノンを購入したので、スキンケアカートリッジもオレンジ。

 

 

右頬にここ数年どっしり構えてるこのっ!このっ!

この憎いシミを消してやりたいのよー!!

ケノンで消したいシミ.jpg

大きいシミにみえるんですが、これ、4つくらいの小さいのが同じような場所に固まって出来てしまったため、かなり目立つ存在になってしまったんです・・・・。

頼むよ!ケノン!

これ消してくれたらすっごく嬉しい!!

 

 

 

始めるにあたり、洗顔しました。

なにもお肌に付いてない状態がいいかな?と思って。

 

余談ですが、よく売ってる家庭用美顔器って、専用ジェルを併用することが多いじゃないですか。

あれって、ジェルの美容成分を美顔器で浸透しやすく・・・・って謳ってるけど、あのジェルがハンパなく高かったりするんですよね!

コストパフォーマンスが最悪ですよね!

余談終わり。

 

 

まず、保冷剤で数秒間照射部位を冷やします。

ケノンで照射前に冷却.jpg

ハンカチでくるんで使いましょう。なんとなく、衛生的かな?って思うんです^^;

 

こんなふうに使うよーという動画を撮りましたので、よろしければどーぞ。

手の甲に限りあるショットを使うなんてもったいないけど、こうした方がわかりよいですよね?

動画でも説明してますが、照射レベルは1から10まで選べます。

今回はレベル5で照射しています。

 

ちゃんと冷やしているので、まったく刺激も感じませんでした。

後から赤くなったりもしないし。

 

ただ、付属のゴーグル(サングラス)を付けて、さらに目をギュッてつぶっているんですが、目元近くはカナリまぶしく感じます。

赤い光がしっかりまぶたの裏まで入りこんできて素早く点滅。

うーん、大丈夫なのかしら・・・?

 

ちょっと次回までに対策を練っておこう。

 

 

 

あと、こんなところのシミも気になっているの・・・

ケノンで消したいシミ2.jpg

あご。

あごにもシミができるんだなぁ。

 

え?フェースラインが丸い?

・・・・ほっといてちょうだいっ。

 

 

頑張れ、ケノン!

ケノンであごのシミ消し.jpg

 

私は、目の周りと口の周りにシミが集中しています。

口の上にもあるし、まぶたにもある・・・。

まぶたはさすがに照射できないから残念。

 

 

この口周りをする時に、慣れてきちゃったからか、まだ冷やしていない所に照射してしまったんですよ。

さすがにポッと熱を感じましたー。

でも、ヤケドとか、赤みとかも出てこなかった。

照射レベルが5だったからかな?

 

たった数秒とはいえ、冷やすか冷やさないかでカナリ使用感が変わります。

ケノンは充電時間が短くってサクサク手が動くから、気をつけなくちゃですね^^;

 

 

 

さぁ、頑張ってシミ0(ゼロ)を目指すぞー!!