脱毛エステ クーリングオフ

クーリングオフを知っておきましょう

サロンで勧誘の激しさに負けて、不本意な脱毛コースの契約をしてしまった方。

エステサロンの契約はクーリングオフができることをご存じでしたか?


もちろん、何でもかんでもクーリングオフできるわけではありません。
対象となるのは強引に受けた勧誘による契約など、契約を破棄する正当な理由がある場合です。
クーリングオフはこうした場合に契約を解除し、支払った金額の返済を請求できる消費者の権利です。

ただし、エステの場合は契約期間が1ヶ月以内、金額も5万円以下の場合は原則としてクーリングオフはできません。
また、クーリングオフができるのは契約したその日から数えて8日以内です。


クーリングオフは自分でもできますし、手続きはそれほど面倒なものではありません。
契約時に交わした契約書にクーリングオフの内容が記載されている場合は、その規約に従ってクーリングオフすればオーケーです。

クーリングオフは契約ではとても重要な項目ですので、契約するときにクーリングオフの規約が記載されているか、必ず確認するようにしましょう。
また記載されている内容に不明な点がある場合は、必ず質問してクリーンにしておきましょう。


契約書にクーリングオフの記載が無い場合でも、「契約解除通知書」あるいは「クーリングオフ通知書」として契約日、業者名、担当者名、商品名(エステの場合はコース名)、契約金額、払い戻しの振込先、契約解除を求める内容を明記し、契約書に記載されている会社に送れば、クーリングオフすることができます。
通知する内容に間違いや記入漏れがあると、無効になる場合もあるので慎重に確認して記入してください。
葉書でもいいのですが、振込先の銀行口座なども明記しなければならないので、封書にしたほうがいいかもしれません。
また、通知書を発行した証拠とするため、ポスト投函よりも郵便局で配達記録郵便にしたほうがいいと思います。


通知書を発行する際に、契約したサロンに連絡を入れる必要はありません。

また、通知書を発行した時点で、法的には契約は解除されます。
たいていのサロンは、その後に連絡があり、解約に応じてくれて返金してくれると思いますが、なかには応じないサロンもあるかもしれません。

そうした場合は、もし高額なコースで契約しているのなら、弁護士や行政書士に依頼して内容証明郵便を送ってもらうと効果的です。
そうでなければ全国各地に設置されている消費者センターに相談してみましょう。
どちらもホームページで検索できます。