電気脱毛

電気脱毛

電気脱毛は毛穴に細い針を差し込んで電気を流し、毛根を破壊する脱毛法です。

電気脱毛には多くの欠点があります。まず施術時の痛み。電気脱毛はレーザーや光脱毛と比べて痛いと言われています。針を差し込むから痛いのだろうと思われるでしょうが、実際に強い痛みを感じるのは電気を流すときなのだそうです。
クリニックでは痛みを抑えるために麻酔が使用できますが、エステでは医療行為となるため麻酔が使用できず、ひたすら我慢しなければなりません。

次に施術時間です。レーザーや光脱毛では一度に広範囲を脱毛することができるので、施術時間は短くて済みますが、電気脱毛の場合は毛穴のひとつひとつを処置していかなければならないため、時間がかかります。
また、電気脱毛を行うためには高度な知識と熟練した技術が必要なため、施術が行える医師やエステティシャンの数も少ないのです。

これだけデメリットの多い電気脱毛ですが、いまだに支持する方は少なくありません。電気脱毛はレーザー脱毛や光脱毛と比べて歴史が長く、もっとも信頼できる脱毛法と言われていますが、電気脱毛が支持されている理由はそれだけではありません。

たとえば白髪だけ脱毛するというオーダーは、ある程度の範囲を脱毛してしまうレーザー脱毛や光脱毛では受けられませんし、そもそもメラニンが失われている白髪は脱毛することさえできません。しかし電気脱毛なら問題なく脱毛できます。
またレーザー脱毛や光脱毛では脱毛はできますが、毛の量を減らす減毛は自由がききません。電気脱毛なら好きな分だけ減毛することができます。

さらに、レーザーや光脱毛では日焼けした肌はメラニンが濃くなっているために施術できませんが、電気脱毛の場合は問題なく脱毛できます。ですから生まれつき色素の濃い、いわゆる色黒の方でも脱毛できます。
もともと色素が薄くてレーザー脱毛や光脱毛では処置が難しい毛質の方もいます。生まれつきの茶髪の方などがそうです。こうした方も、電気脱毛なら脱毛することができます。

電気脱毛は古いと言う方もいますが、けして無くなってしまっていい脱毛法ではありません。脚や腕といった広範囲の脱毛はレーザーや光脱毛で、ワキやビキニラインといった局所的な脱毛は電気脱毛を利用するのがベストと言う方もいます。
脱毛する場合は、それぞれの脱毛法の利点や欠点をよく考えたうえで、自分に合った脱毛法を選ぶようにしましょう。