光脱毛

光脱毛

光脱毛は仕組みとしてはレーザー脱毛とほとんど変わりませんが、光源に白色ランプを使用しています。レーザーと同様、この光源から発光するさまざまな波長の光から、フィルターを通してメラニンにのみ反応する波長の光だけを取り出し、肌の上から照射して、皮下にある毛根を焼いて処理しています。

レーザーと比べて出力が抑えられているために安全性が高く、個人差はありますが痛みも少なくなっています。このためレーザーは医療機関にしか使用が許されていませんが、光脱毛は通常の脱毛サロンやエステサロンでも使用が許され、普及しています。
ただ、その呼び方はサロンによって異なっていて、IPL脱毛、フラッシュ脱毛、プラズマ脱毛とさまざまです。これらの名称の多くは使用している脱毛機の機種名や製造しているメーカー名で、基本的な性能や効果に大きな差があるわけではありません。

サロンでは脱毛を行う施術の前後にトリートメントを行います。脱毛の前には肌のダメージを軽減するために保湿しますし、脱毛した後はクールダウンのためにやはり保湿し、ローションなどを塗ってケアしてくれます。この脱毛の前後のトリートメントや、脱毛中に使われるジェルなどに、各サロン独自の工夫が凝らされていて、美容効果の高いものが使用されていたりします。

脱毛というと、すぐに脱毛方法が注目されてしまいますが、エステサロンや脱毛サロンでは、このトリートメントにも注目してみてください。サロンごとの違いがよく分かると思います。脱毛でクリニックとサロンの違いがわからないという方がいますが、サロンの脱毛はトリートメントにこそ、その価値があるのかもしれません。